AGA治療の中でも評判のよい自毛植毛|株分けして頭皮に移植

2人の男の人

薄毛の究極的治療方法

薄毛の男性

定着率が9割の移植手術

薄毛の治療で最も注目されているのが自毛植毛です。この治療法はこれまでの植毛とは違って、自分の後頭部などから皮膚と一緒に髪を採取し、薄毛の部分に移植するという方法です。痲酔をかけて治療するので痛みはないのですが、術後に痛みが出ます。自毛植毛の定着率は90パーセント以上といわれ、ほとんど成功します。ただし注意点は医師の技術が大きく影響するので、クリニックの選び方です。例えば大阪の梅田エリアで探すのなら、ネットを利用して検索するという方法があります。梅田エリアの薄毛治療専門のクリニックが検索されますから、その施術内容を比較検討するのです。また発毛治療の比較サイトもあるので、実際に梅田エリアのクリニックを利用した人の口コミなども参考になります。例えば梅田には口コミで総合1位になった自毛植毛のクリニックがあります。

自然な仕上がりの満足感

自毛植毛が注目されているのは、自分の毛髪なので拒絶反応がないという点です。人工毛の移植をすると、その多くが拒絶反応によって1年ぐらいで抜け落ちてしまうのです。しかし自毛植毛は定着率が非常によいので、効果を確実に実感することができます。また一旦移植すると、メンテナンスがいらないのも自毛植毛の特徴です。普通の髪と同じようにシャンプーができます。メンテナンスが不要なのでそのための費用を節約することができます。実際に移植を行った人の感想の中で最も多いのが、自然な仕上がりの満足感です。もともと自分の毛髪なので、周囲の髪が白髪になれば移植した毛髪も同じように白髪になります。今のところは移植する毛髪が充分に必要ですが、今後は少しの毛髪でもそれを増やして移植できるようになっていくはずです。